• ありえない場所にゴミが山盛りに!

    by  • 2010年6月8日 • 旧日本やること企画

    ゴミは豊かさの象徴でもあるのだ!

    CA3C1052.JPG
    詳しい報告はしていなかったが、現在、飯山は中国は広州に戻ってきている。
    日本にもグルンバおよび乳酸菌に関する仕事が山積みだが、こっちもいよいよ火がついてきているので、ほったらかしにするわけにいかないのだ。
    そんななか、あるゴミ処分場の除臭に関する話が舞い込んできた。
    現地は見渡す限りのゴミ、ゴミ、ゴミ、という状態。
    もちろん、その臭いも半端なものでない。
    しかも、このゴミ処分場、近隣に臭いをまき散らして大変なことになっていると言うのだが…。
    CA3C1057.JPG
    風景をよく見てみるとわかるのだが、ここはなんと広州の高台にあるのだ。
    写真ではわかりにくいが、このゴミと土の混じった部分は、高台というよりもひとつの山のようになっている。
    そりゃ、臭いがあちこちに飛散するのも、当たり前のことだ(笑)。
    とはいえ、大量の乳酸菌があれば、こんな問題は一挙に解決である。
    というわけで、さっそく来週から、乳酸菌散布が始まることになった。
    これがうまくいけば、広州でグルンバが大きく知られることになるだろう。
    しかも、ゴミがあるというのは悪いことではない。
    つまり、そこにふんだんな有機物があるということであり、腐敗を発酵に変えることさえすれば、みんな豊かな土になるのだから。
    さて、先日報告したエビ養殖場の件についても、追加の報告をしたいと思う。
    ついに、中国のグルンバ第2号機が完成し、現在、目下養殖場の改善を行っている真っ最中である。
    CA3C0955.JPG
    CA3C0958.JPG
    これについては、1、2週間で報告ができるようになるだろう。
    少しお待ちいただきたい。

    About

    本名、木崎貴史。日本グルンバ総合研究所 主任研究員、海外拠点開発・広報担当。WGICの代表でもある。グルンバの開発者である飯山一郎に誘われ、中国において“牢名主”(グルンバプラント等管理人)となって技術を習得。その後、海外のローカル拠点作りをメインに事業に取り組んでいる。別名「がけっぷち社長」。ブログ「やっぱり、毎日がけっぷち」もあるが、最近はグルンバがらみに夢中で、ろくに更新していない。