• 閑話休題

    by  • 2010年4月20日 • 旧日本やること企画

    元気にやってるので、安心してほしい!

    なにやら、さまざまな問い合わせが広報担当のところへ来ている。
    その大半は、
    このページ、飯山のページ広報担当の個人ブログがまったく更新されてないけど、大丈夫か?
    というものだ。
    こちらはなんとか元気にやっているので安心してほしい。
    待たせてばかりで恐縮だが、もう少しでいろいろ報告ができるだろう。
    なお、このページが更新されない理由はふたつある。
    ひとつは、現在進行中のプロジェクトは、現時点では一切公表できない類のものであるということだ。
    解禁と同時に大きく発表できるように、広報担当も準備を進めている。
    また、もうひとつの理由は、上記のために、先日から行われていた実験的な事業がみんなストップしているということである。
    DCF_0801.JPG
    一応、現在の汚泥の状況である。
    汚泥に対して、約1割のおがくずと醤油カスが載せられている。
    すでに乳酸菌の効果でほとんど臭いはない。
    ただし、トラクターやパワーショベルなどの混ぜるための道具がいまだにないため、このまま放置中だ。
    混ぜて乾燥させ、袋詰めすれば、そのまま乳酸菌肥料として商品になる。
    現在、このような状態だ。
    もうしばらくお待ちいただきたい。

    About

    本名、木崎貴史。日本グルンバ総合研究所 主任研究員、海外拠点開発・広報担当。WGICの代表でもある。グルンバの開発者である飯山一郎に誘われ、中国において“牢名主”(グルンバプラント等管理人)となって技術を習得。その後、海外のローカル拠点作りをメインに事業に取り組んでいる。別名「がけっぷち社長」。ブログ「やっぱり、毎日がけっぷち」もあるが、最近はグルンバがらみに夢中で、ろくに更新していない。