• いろいろ忙しいのに…

    by  • 2010年2月28日 • 旧日本やること企画

    まだ報告できる件がほとんどない!

    という状態である。
    なんとも手抜きで恐縮だが、事実そんなもんだ。
    ご心配されている方もいらっしゃるかと思うので、一応書いておくが、事業のほうはのんびりではあるが進行している。
    ただ、いまの時点でそれを書くことができない…というもどかしい状態だ。
    動きが出てくるのは3月だろう。
    おそらく、その中心になるのは、中国よりも韓国になると思う。
    この広報担当も、来月にはどこに行くのかまるでわからない。
    大陸浪人型牢名主なる、非常に矛盾した状態だ。
    なにか動きがあり次第、ぜひとも報告したいと思う。
    なお、一応、お詫びとお願いである。
    ただいま、飯山および広報担当は、主に打ち合わせや接待でパソコンの前にいないことが多く、なかなかさまざまな連絡に対応しきれていないのが現状だ。
    よって、ご相談については、遠慮なく広報担当のSkypeもしくは携帯電話を呼び出していただきたいと思う(Skypeには携帯電話への転送も設定してある)。
    遠慮は不要だ。

    About

    本名、木崎貴史。日本グルンバ総合研究所 主任研究員、海外拠点開発・広報担当。WGICの代表でもある。グルンバの開発者である飯山一郎に誘われ、中国において“牢名主”(グルンバプラント等管理人)となって技術を習得。その後、海外のローカル拠点作りをメインに事業に取り組んでいる。別名「がけっぷち社長」。ブログ「やっぱり、毎日がけっぷち」もあるが、最近はグルンバがらみに夢中で、ろくに更新していない。