• About kagiwo

    本名、木崎貴史。日本グルンバ総合研究所 主任研究員、海外拠点開発・広報担当。WGICの代表でもある。グルンバの開発者である飯山一郎に誘われ、中国において“牢名主”(グルンバプラント等管理人)となって技術を習得。その後、海外のローカル拠点作りをメインに事業に取り組んでいる。別名「がけっぷち社長」。ブログ「やっぱり、毎日がけっぷち」もあるが、最近はグルンバがらみに夢中で、ろくに更新していない。

    現状報告と事業参加について

    by  • 2010年3月6日 • 旧日本やること企画

    やはり、スタートには時間が必要だ! 最近、まったく更新ができずに恐縮である。 例によって、報告できることはほとんどない。 みんな水面下の動きばかりだ。 ひとつ、いいニュースとしては、種菌を取るのに必要なよもぎが、中国広東省の雷州半島で大量に確保できたということである。 これで、冬場であっても、各地に種菌を供給することが可能になったわけだ。 そのほかの事業は牛歩状態である。 飯山が言っていたが、日本の某所では、現地入りしてから3カ月ほど動きがなかったという話だ。 中国でも事業がスタートするまではある程度の時間が必要になるだろう。 ひとつ、ふたつと動き出せば、その後は加速的に普及すると思われる。 さて、そんなわけで、グルンバ事業への参加について、止まったままの状態になっている。 多くの方が、就職を希望しているのだが、これはすぐには不可能だ。 少なくとも、中国などで大きな事業が動き出してからでなければ、安定的に雇用することはできない。 初めからお断りしていることだが、すぐにどうにかなるというものではないので、改めて告知しておきたい。 また、広報担当の個人ブログでも書いたが、人材募集を開始したとしても、日本と同じような環境で働けるというものではまったくないと考えておいていただきたい。 それとはまったく違い、自身の事業として行いたいという方は、少なくとも打ち合わせはすぐに行うことが可能だ(現地に飯山もしくは関係者が赴く時期は、要相談になる)。 現在、このページ経由以外のものを含め、中国の上海や天津、山東、東莞、カナダ、アメリカ、ベトナム、チュニジア、スリランカなど、多数の引き合いのある状態だ。 そして、そういう事業としての参加は、こちらとしては大歓迎だ。 また、日本と韓国での事業については、すでにそれを行っている人間がいるので、事業展開は容易である。 どういう事業を行えばいいのか、という質問もあった。 正直、そこまで懇切丁寧に答える必要は感じないのだが、非常に簡単に言えば次のもののすべて、もしくは一部になる。 ・グルンバシステムによる、悪臭、ゴミ、汚水、汚泥などの処理事業について提案と営業を行う ・総合的なプラントの設計設置、工事等を行う ・乳酸菌培養やシステムの運用などを行う ・グルンバ本体については、飯山と相談の上で購入 たとえば、これらの問題について困っている企業などにシステムを提案し、それを導入するという事業形態になる。 それ以上の細かいことについては、Skype等で要相談だ。 広報担当のSkype、QQ、携帯電話を鳴らしてもらっても構わない。 また、現状ではまったく営業の方法等が思いつかないが、自費にて事業に関わり、売上を得たいと考えている人については、ぜひとも一度広報担当まで相談していただければと思う。

    Read more →

    いろいろ忙しいのに…

    by  • 2010年2月28日 • 旧日本やること企画

    まだ報告できる件がほとんどない! という状態である。 なんとも手抜きで恐縮だが、事実そんなもんだ。 ご心配されている方もいらっしゃるかと思うので、一応書いておくが、事業のほうはのんびりではあるが進行している。 ただ、いまの時点でそれを書くことができない…というもどかしい状態だ。 動きが出てくるのは3月だろう。 おそらく、その中心になるのは、中国よりも韓国になると思う。 この広報担当も、来月にはどこに行くのかまるでわからない。 大陸浪人型牢名主なる、非常に矛盾した状態だ。 なにか動きがあり次第、ぜひとも報告したいと思う。 なお、一応、お詫びとお願いである。 ただいま、飯山および広報担当は、主に打ち合わせや接待でパソコンの前にいないことが多く、なかなかさまざまな連絡に対応しきれていないのが現状だ。 よって、ご相談については、遠慮なく広報担当のSkypeもしくは携帯電話を呼び出していただきたいと思う(Skypeには携帯電話への転送も設定してある)。 遠慮は不要だ。

    Read more →

    飯山一郎、広州に戻る!

    by  • 2010年2月17日 • 旧日本やること企画

    といっても、この時期は仕事が動かないのだが…。 というわけで、果物を買いに行くなどのんびり状態だ。 まあ、飯山は電話での打ち合わせで忙しいみたいだけれども。 とりあえず、無事到着したということだけ報告である。

    Read more →

    飯山ページ、さらに移転!?

    by  • 2010年2月11日 • 旧日本やること企画

    まあ、アドレスはそのままだけどね…。 このページもそうなのだが、べつに複雑なことをするつもりがなかったので、ロリポップという安いサーバーを使っている。 ジオシティーズでも大丈夫だったから平気だろうと思っていたが、どうもそれ以上にアクセス集中に耐えられない仕様のようだ。 現在、サーバーを探しているところで、明日に一気に作業しようと思っている。 まあ、DNSの変更も含めて、明後日には安定するだろう。 適当にひとつ決めてもいいのだが、ひとつだけクリアしなければならないことがある。 中国からアクセスできるかどうか、という問題があるのだ。 今回は慎重にやらないとね。 というわけで、今日も報告のみで失礼!

    Read more →

    いろいろ動きがありそうな展開に…

    by  • 2010年2月2日 • 旧日本やること企画

    まだそれを書けないのが恐縮だが… とりあえず報告できることとしては、公衆便所の除臭作戦が、やっとのことで効果が現われてきた、ということだ。 寒さに加え、どうも各所に汚水が溜まっている場所があったようで、それがなかなか臭いの消えなかった理由らしい。 そこで、今日は噴霧ではなく、思い切りその場にぶちまけてみることにした。 今日は自転車しかなかったのであまり量を使えなかったのだが、明日の朝、暖かいようであれば、村のボスにも手伝ってもらって大量の乳酸菌を一気に流し込んでみたいと考えている。 ちなみに、昨日も今日もこちらはかなり暖かく、日本で言えば5月くらいの天気かもしれない。 昼になれば、夏と勘違いするほど蒸し暑い。 さて、裏ではいろいろと動きが出てきているのだが、まだ書くわけにいかない状態だ。 というわけで、現在、報告できることはほとんどない。 更新が滞りがちで恐縮だが、おそらく来週あたりから、次の動きが見えてくるようになるはずだ。

    Read more →

    あったかくなってきたぞ!

    by  • 2010年1月28日 • 旧日本やること企画

    これなら、明日の公衆便所も期待できるかな? 糖蜜水の残りからモコモコと泡が! 本日のこちらの最高気温予想は20度。 ちょくちょくにわか雨が落ちてくるし、曇ってもいるのだが、それでもどんどんあったかくなってきている。 そして、今日の午後には、乳酸菌のエサであるムチャクチャ濃い栄養水を作ったのだが、栄養水を作るためのタンクを覗いてびっくりである。 前に栄養水を作ったときの残りが発酵してモコモコなのだ。 で、撹拌を始めたら、わたあめのようにそれが盛り上がってくる。 言っておくが、この栄養水にはグルンバはかけられていない。 ただ、水と糖蜜、塩を混ぜて作った栄養水だし、しかも、それが固まらないように水で薄めて放置しておいたものだ。 飯山いわく、この糖蜜は薄くて簡単に分解してしまうとのこと。 よって、乳酸菌のエサは、ムチャクチャ濃いものを、グルンバにかけることなく与えるようにしている。 どのくらい濃いものかと言えば、水150リットル、糖蜜90リットル、塩1キロという分量だ。 本日、これを同比率のまま1トンばかし作った。 栄養水タンクには、現在2トンほど入っているが、これだけ発酵が進むことを考えると、今後はできるだけ与える直前に作ったほうがいいのかもしれない。 この感じからすれば、今日あたりは公衆便所の菌も元気に働いているかもしれない。 明日、もう一回様子を見て、噴霧の頻度を変えようと話していたが、うまくすれば次からは3日に1回で用が足りるかもね。 そりゃそうと、ずっと催促しているのだが、黄さん(こちらの会社の総経理)、早くリトマス試験紙を買ってきてくれないものかね。 そろそろPHを確認して、飯山に報告しておきたいと思ってるわけだが、なにをやってんだか、まるで会社に現われようとしないわけだ。 ここにおにいちゃんたちに聞いても、なんのことやらサッパリなようだし、ほかに頼れる先がないんだけどな。 今日は買って来ると言ってたけど、さてさて、どうなんだろうねえ…。

    Read more →

    悪臭との戦いに最大の難敵!

    by  • 2010年1月27日 • 旧日本やること企画

    この1カ月が過ぎればバッチリなんだけどな…。 軍で鍛えてるだけあって、腰の入り方がすごい! 飯山が次の現場に行ってしまったもので、まさに広報担当は牢名主モード本番に突入。 といっても、その間にやることと言えば、資料やホームページの制作、乳酸菌培養と日々の様子見、でもって、この公衆便所消臭作戦くらいのものである。 前にも書いたように、乳酸菌であっさりと悪臭は消える。 それは問題ない。 ただ、それが長続きせずに、翌日にはまた臭いが出てきてしまう(良化はしている)。 この原因は寒さにある。 この間、広州はずっと温暖で、気温も連日のように20度を超えていたわけだが、公衆便所作戦を始めたあたりから急に冷え込んでいる。 すると、乳酸菌が悪臭の原因となる腐敗菌に打ち勝つことができないわけだ。 また、この乳酸菌は温暖ときに培養されたものであり、寒さに慣れていない、というのもあるようだ。 まあ、しばらくの辛抱だろう。 とにかく、乳酸菌が根づいてその場で繁殖するように、毎日毎日、徹底的に散布を続けることが重要だ。 村のボスにも、ボディランゲージを交えながら「寒いから、乳酸菌がなかなか働かないので、動き出すまで毎日やるよ」と言っておいた。 早くいい結果が出るといいけどね。

    Read more →

    公衆便所の悪臭除去ビジネスが始まるか?

    by  • 2010年1月25日 • 旧日本やること企画

    インド人…ならぬ、中国人もビックリである! 工場のすぐそばにある公衆便所。 やたらと臭うのは言うまでもない。 これが中国式トイレ(の一例)。 なかで用を足している人もお構いなしに散布が始まった。 無事終了! このときにはすでに臭いは消失していた。 まわりの中国人たちもビックリ! 大喜びで乳酸菌に群がる。 ここの村長というか、村のボスのような人が、最近、飯山の部屋にたびたびやって来ている。 そこで話がついたのか、駅前にある臭い臭いトイレの悪臭除去を行うことに。 この日、散布された乳酸菌は約60リットル。 撒いたらあっさりと悪臭は消え失せた。 なかで用を足していた人もビックリである。 ウェブでは臭いが伝わらないのが残念だ。 ただ、これで終わりではない。 飯山いわく「今日は酸で腐敗菌を殺しただけ」とのことだ。 これをたびたび散布し、菌を繁殖させることが大事なわけである。 とりあえず、本日から5日は毎朝散布。 その後も3日に1度くらい様子を見て撒いていく予定だ。 これはものすごく可能性のあるビジネスで、たとえば、広州全域の公衆トイレにおいて悪臭を除去する契約を結ぶ方法もあるわけだ。 ましてや、そのへんの中国人も乳酸菌に興味を持ち始めているのだからなおさらだろう。 それに気がついたこの会社のスポンサーは、上の写真に出ている中国人以上にニコニコモードだった。 さて、話はがらりと変わるが、本日、もうひとりの牢名主候補であるSさんがやってきた。 いろいろ用件があるらしく、とりあえずは一時的な訪問だが、話がまとまれば2月ごろにまたやって来るはずだ。 奥がSさん。 カナダ在住で上海でも仕事をしている。 さっそく飯山は中国式でお茶を振舞った。

    Read more →